イーダイエットナビ


話題のダイエット情報なら イーダイエットナビ

イーダイエットナビはがんばるあなたの美容と健康をサポートするダイエット情報サイトです

ニュース

掲載日:2012.06.18   

カテゴリー:ニュース

神奈川県警 肥満率はなんと4割!!

 体を張って県民の安全を守らなければならない警察職員に健康は不可欠。 ところが、昨年度の健康診断で、神奈川県警の警察職員の約4割が肥満だということが分かった。 そんな状況から抜け出そうと、県警は新しい本格的なダイエット計画を今月からスタートした。厚生課は「県民を守る前に、まず警察職員自身が健康になることが大事」と、インストラクターを派遣してエアロビクスなどの講習を行っている。  体重を身長の2乗で割った肥満度(BMI)でみると、昨年度の健康診断で肥満を示す数値25以上の警察職員は約6770人と全体の38・7%を占めた。平成20年度以降、38%前後で推移しており、厚生労働省が示す20~50代の男性の平均約32%、女性の平均約16%を大きく上回っている。  肥満が多い理由について、厚生課は「警察官は昼夜問わず働くことが多く、生活が不規則になりがち。普段から気を遣わなければ体型維持は難しいのでは」と分析する。  同課は昨年度までの4年間は、歩数計を配り計画的に歩いてもらう取り組みを実施した。だが、参加者がわずかで効果も表れていなかった。  そこで、今年…… 続きを読む>>

掲載日:2012.05.25   

カテゴリー:ニュース

ダイエット成功者、減量目標2-3kg 成功の要因は、食事、運動、体重計

アサヒフードアンドヘルスケアは30歳代の女性500人を対象に実施したダイエットに関する意識調査の結果を発表した。 これまでダイエットにチャレンジした回数は平均11回で、ダイエットに使った金額は平均10万3872円だった。また調査からは、ダイエット成功のポイントも浮かび上がってきた。  直近のダイエットが成功した人は52%、失敗したは48%だった。ダイエットの目標期間について聞くと、成功者では「3カ月」(32%)に設定した人が最も多く、67%が3カ月以上の期間を設けていた。一方、失敗者では「1カ月」(41%)が最も多く、1カ月以下の短期間が57%を占めた。  ダイエット開始時の減量目標については、失敗者の半数近く(48%)が「4―5kg」を設定したのに対し、成功者で最も多かったのは「2―3kg」(34%)だった。3カ月以上の長いスパンで、まずは無理せず開始することが大切なようだ。  成功者にその要因を挙げてもらったところ、1位は「食事制限」(80%)、2位は「運動」(60%)、3位は「毎日体重計に乗る」(43%)だった。食事制限の具体的な方法としては「腹八分目…… 続きを読む>>

掲載日:2012.04.26   

カテゴリー:ニュース

始めるなら今!成功者に聞いた、「ダイエットの成功しやすい時期」

ダイエットサプリメント「キトサン・アフターダイエット」などを販売するメタボリックは、春になり、女性たちの間で夏に向けたダイエットへの関心が高まる中で、「ダイエットの成功しやすい時期」に関するアンケートを実施した。  対象は、ダイエットに成功した20~30代の女性300人。結果、ダイエットに成功している女性には、春からのスタートで3ヵ月以上時間をかけて確実に、という長期的思考の人が多いことなどが分かった。 ■ダイエットには長期的に取り組むべし!始めるのは春!  アンケートでは、まず、厚着をしている冬の間に女性がついおろそかにしてしまうケアについて質問。その結果、「ムダ毛の処理」(77.7%)が圧倒的多数、その後に「お腹まわりの脂肪対策」(41.7%)、「ぽっこりした下腹対策」(36.0%)、「全体的なボディラインの維持」(29.3%)と続いた。  次に、「ダイエットにかける期間は長いほうが有利だと思いますか」と質問。これに対しては、「長期間なほど有利」(23.7%)、「どちらかと言えば長期間のほうが有利」(36.3%)と、合わせて60%が長期ほど有利と回答…… 続きを読む>>

掲載日:2012.03.30   

カテゴリー:ニュース

【ラスベガス】6000キロカロリーのバーガーで心臓発作 

米ラスベガスにあるレストラン「ハートアタックグリル」で超高カロリーのハンバーガーを食べた男性客が、心臓発作(ハートアタック)を起こして病院に運ばれる騒ぎがあった。 地元メディアの報道によると、先の週末に40代の男性が同店の名物メニュー、「トリプルバイパスバーガー」を食べている最中に胸の痛みを訴えた。同メニューの熱量は6000キロカロリー。同店で「ドクター」と呼ばれている店長は、「ナース」役のウェートレスから、客の「患者」の具合が悪くなったと聞き、最初は冗談だと思ったという。 店からの通報を受けて間もなく救急車が到着。男性は一命を取りとめ、回復に向かっているという。 ハートアタックグリルはこれまでにも、「死んでも食べたい」「現金オンリー。小切手だと決済前に死んでしまうかもしれないので」といった宣伝文句で物議をかもしてきた。メニューは「フラットライナー(『死亡した患者』の意味)フライ」「バターファットシェイク」などをそろえ、看護師の格好をした女性ウエートレスが「処方箋」と称して注文を取る。店内はたばこの煙が充満し、体重350ポンド(約158キロ)以上の客は無料で食事が…… 続きを読む>>

掲載日:2012.02.22   

カテゴリー:ニュース

食の専門家・フードアナリストが選ぶNo.1ダイエット食品とは!

 日本には7000人のフードアナリストがいる。食材、食品の味覚はもとより歴史や文化、食にまつわる法律・経営、さらにはレストランのサービスまで、あらゆる角度から食について学び、分析・評価する知識と教養を身につけた「食の専門家」たち。資格の取得は4級からで、最上級資格である1級では、高いレベルのテイスティング能力が要求される。  有資格者は、企業の商品開発やフードライター、飲食店の開業プロデュースなど、食にかかわるさまざまな分野で活躍。昨今は、2007年に日本に上陸した『ミシュランガイド』の人気に見られるように、食品やレストランの客観的評価が求められていることから、食材やレストランなどを中立・公正な立場から、「格付け」評価する重要度が増しているという。  1月19日に開催されたダイエット食品の試飲会もそうした活動の一つで、フードアナリストら100名が評価のウェイトを「味」に置き、おいしいダイエット食品の比較調査を行った。  試飲会で対象となったのは、「ダイエットシェイク」に代表される置き換え式ダイエット食品である。店頭販売、通信販売で人気の高い、ストロベリー味とココア…… 続きを読む>>

掲載日:2012.02.17   

カテゴリー:ニュース

「お腹が空いたらスニッカーズ♪」がダイエット?250カロリー超は販売中止

「スニッカーズ」などを製造する米マースは15日、250カロリー以上のチョコレート菓子を2013年末までに販売中止にすると発表した。 「健康と栄養に対する包括的な取り組み」の一環だとしている。 マースは2007年にも、12歳以下が視聴者の2割を超えると予想されるテレビ番組などについて、広告などによる商品の宣伝活動は行わないと発表。また、2015年までに、すべての商品に含まれるナトリウムの量を25%減らす方針を明らかにしている。 同社はチョコレート菓子「スニッカーズ」や「M&M's(エム・アンド・エムズ)」のほか、ペットフード「ぺディグリー」などを製造している …… 続きを読む>>

掲載日:2012.02.01   

カテゴリー:ニュース

下剤ダイエットは絶対ダメ 腸の粘膜に炎症...結果的に肥満にも

腸内環境を良好に  女性の間でひそかに行われているといわれる「下剤ダイエット」。下剤を使って排便することで、体重が減ってやせるのだという。下剤はやせるための薬ではない。むやみに下剤を使うことで別の病気になる可能性もあり、専門家は「ダイエット目的で下剤を使うのは絶対やめて」と注意を呼びかけている。 排便でやせない  今年1月、テレビのトーク番組で30代の女性タレントが過去に下剤ダイエットをしていたことを打ち明け、話題になった。10代後半の頃、通常は2錠飲む下剤を7、8錠飲んでいたという。飲むのをやめたのは「血が出たから」ということだが、下剤の乱用で血便が出たとみられる。  中学生を対象に厚生労働省の研究班が平成21~22年に行った摂食障害の調査によると、「やせることを目的にした行為(4週間に2回以上)」として、「下剤を使った」と答えたのは、女子が1・1%、男子が0・7%。わずかとはいえ、やせるために下剤を使った経験のある中学生がいることに驚かされる。  順天堂大学医学部付属順天堂医院で「便秘外来」を開設する小林弘幸教授は「便秘の人が太りやすいのは確かだが…… 続きを読む>>

掲載日:2012.01.26   

カテゴリー:ニュース

高脂肪食で太るほど食欲が抑えられない理由

ダイエットが長続きしない。太れば太るほど食欲に勝てなくなる。その原因の一つに、肥満が直接脳に与える悪影響が疑われている。  米ワシントン大学の研究者によると、脂肪の割合が高い食事を与えられたマウスやラットでは、1~3日以内に脳の視床下部(食欲などをコントロールする部位)が炎症を起こし、それによる神経の損傷が認められたと、1月3日発行の米医学誌「Journal of Clinical Invedtigation」に発表した。この神経損傷が食欲を刺激し、さらに高脂肪食を求める悪循環を生み出すというのである。  研究では、カロリーの60%が脂肪に由来する高脂肪食(通常食の約2倍)をラットとマウスに食べたいだけ食べさせた。すると、食事開始後24時間以内に、視床下部でさまざまな炎症マーカー(炎症や組織障害によって変動する体内の物質)が増え始め、1週間以内には炎症による損傷も検出された。この炎症は1週間ほどで治まるが、その後も高脂肪食を与え続けると、1カ月後に再発し、その後約8カ月の実験終了時も治らなかったという。  脳の視床下部は食欲やエネルギー代謝を制御しており、肥満にな…… 続きを読む>>

掲載日:2011.11.28   

カテゴリー:ダイエット食品・方法

火曜日にダイエットを始めるとリバウンドする!? イギリスの専門サイトが発表

 「明日から」、「冷蔵庫に入っているものを全部食べてから」と、なかなか始められないダイエット。重い腰があがらない…という人に、イギリスではダイエットを始めるのに最適な“曜日”が発表され、話題を呼んでいる。  イギリスのダイエット専門サイトTesco Dietsでは、昨年ダイエットを行ったという2,000人を対象にアンケートを行い、その結果“日曜日”または“月曜日”こそがダイエットのスタートに相応しいとの結論に達した。  アンケートによると月曜日にダイエットを始めた人は平均で3週間に3.6キロの減量に成功、また日曜日にスタートした人のおよそ88%がその体重をキープしているという。  その反対に、最もスタートに適さないのが“火曜日”。火曜日にダイエットを開始した人の28%以上が6日以内にリバウンドしているのだとか。リバウンドにしては早すぎるような…。さらに、1週間の仕事を終えた開放感からか、金曜日にダイエットを止めてしまう人が多いのもわかった。 …… 続きを読む>>

掲載日:2011.10.13   

カテゴリー:ニュース

結婚式前のダイエット、プレッシャーが重いほどリバウンドも大きい

プレッシャーの大きさと比例 結婚式に向けてダイエットに励む女性は多いが、痩せなければいけないというプレッシャーが強いほど式後のリバウンドが大きいことが、新たな調査で明らかになった。 この調査結果は、オーストラリア南オーストラリア州にあるフリンダース大学のIvanka Prichard博士が、学術専門誌「Body Image」で発表したもの。 半年後にはリバウンド Prichard博士は約350人の新婦を対象に、結婚式の前と6か月後の調査を行った。すると半数以上の新婦が結婚式までに痩せたいと回答し、そのうち半数近くが平均で9キロ落としたいと答えた。 実際にダイエットに成功した新婦は全体のおよそ半数で、1-2キロ痩せるケースが多かったという。 しかし結婚式前のダイエットのプレッシャーを重く感じていた新婦はリバウンドの反動が大きく、6か月後には平均で2.14キロ体重が増加していた。 Prichard博士は、厳しい食事制限やエクササイズからの解放感が原因と指摘。ダイエットとリバウンドの繰り返しにつながる可能性もあるとして、次のように述べている。 …… 続きを読む>>

前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 |

カテゴリTOPへ戻る

TOPページへ戻る


掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
コンテンツ等はあくまで編集員の感想です。個人差がありますのでご注意ください。
編集員により紹介されている製品の品質や安全性などにつきましては一切の責任を負いかねます。

©Copyright e-ditenavi.net All Rights Reserved.