イーダイエットナビ


話題のダイエット情報なら イーダイエットナビ

イーダイエットナビはがんばるあなたの美容と健康をサポートするダイエット情報サイトです

タグ「砂糖」が付けられているもの

掲載日:2016.09.22

カテゴリー:芸能人のダイエット

ミランダ・カーもオススメしてる!砂糖代わりにココナッツシュガーを使ってキレイやせ♡

ココナッツオイルの次は、ココナッツシュガーに注目!   ミランダ・カーやローラなど、食の意識が高いセレブたちが、砂糖の代わりに愛用しているのが、「ココナッツシュガー」。 美容や健康効果が高く、太りにくいのが特徴だとか! ココナッツシュガーはココナッツから採れる甘味料のことで、ココナッツの木に咲く黄色い花のつぼみから取れる蜜を集め、煮詰めて作られます。 味や香りはココナッツというよりも黒糖やキャラメルを思わせるような風味で、コクのある優しい甘みがあります。 ココナッツシュガーの美容効果いろいろ♡   このココナッツシュガーは、砂糖よりもずっとヘルシーで様々な効果があると言われています。 現在フィリピンを始め、先進国でもココナッツシュガーの需要が徐々に増えてきています。       ① ダイエット効果 ココナッツシュガーは、砂糖よりも「GI値」が大幅に低い天然の甘味料です。 GI値とはグリセミック・インデックス(Glycemic Index)の略で、食べ物が人の…… 続きを読む>>

掲載日:2016.05.11

カテゴリー:ダイエット食品・方法

どちらが糖質多め?  おかずで糖質量対決クイズ!

ごはんやめん類などの主食メニューを控えめにして、糖質をセーブするのはダイエットの王道テク。ところで、魚や肉、豆、野菜などをメインにした副菜のなかにも、意外と糖質の高いメニューがあるのを知っていますか? そこで今回は、同じような食材を使ったおかずの糖質量を、クイズ形式で比較。その理由と対策を、管理栄養士の金丸絵里加先生に解説してもらいました。 メイン食材は似ていても、調理法や味付けなどで糖質量に大きな差が出る! 「炭水化物たっぷりの主食と違って、おかずならだいじょうぶ」と思い込んでいると、知らないうちに糖質のとり過ぎという落とし穴に陥る恐れも。メインの食材自体は糖質低めでも、調理法や味付け、一緒に使う食材によって、糖質量は変化します。次の5つのメニューでは、どちらのほうが糖質は多いかわかりますか?  ①白身魚の甘酢あん(たら70g) VS 白身魚のフライ(たら60g) ②牛肉の柳川風(牛肩ロース肉60g) VS ビーフシチュー(牛肩肉60g) ③えびフライ3本(えび60g) VS えびしゅうまい7個(えび60g) ④うの花(おか…… 続きを読む>>

掲載日:2013.08.08

カテゴリー:ニュース

油500kcal・砂糖水400kcalどっちが太る

ダイエットの方法、考え方には諸説ありますが、この連載では、健康・美容・医療ジャーナリスト/プロデューサーであり、日本ダイエット健康協会代表理事として『「食べる」だけダイエット』(マガジンハウス)などの著書もある古谷暢基さんに、ダイエットに関する最新の考え方、ノウハウを紹介していただきます。  こんにちは。古谷です。皆さんはレストランなどでメニューを選ぶ時に、○○パスタと○○定食では、カロリーが定食の方が多いからパスタにするとか、そんな選び方をしていると思います。だけど、カロリーには何種類かあって、役割や“体脂肪になりやすさ”が違います。さらに、食べる順番・食べ合わせ・食べる時間などで、体脂肪に変換される率も変わってしまうのです! 今日はそのうち、カロリーの種類について勉強をしてみましょう。  まずは下記の問題についてお考えください。  【問題1】 1週間毎日、コップで一気飲みするとしたら、どちらが太る? (A)サラダオイル 1/3カップ(約500kcal分) (B)黒砂糖1/2カップ分を溶かした水(約400k…… 続きを読む>>

掲載日:2013.04.05

カテゴリー:ニュース

砂糖入り飲料によって世界で18万人が死んでいる

世界中の人々に対する広範な研究によって、よく知られている砂糖の害が初めて数字として出された。そして消費を制限する措置についての論争に、再び火がついている。   砂糖入り飲料との戦争はまだ終わっていない  アメリカではニューヨーク市長マイケル・ブルームバーグが、イタリアでは健康省大臣レナート・バルドゥッツィが、砂糖入り飲料との戦争を試みた。しかし、どちらも砂糖入り飲料の生産メーカーの圧力や抗議によって棚上げされた(注意:砂糖入り飲料だ。炭酸ではない)。結局コーラ、オレンジジュース、キノット(イタリアで人気の炭酸飲料)、フルーツジュースなどには触れてはいけない(そして税金をかけてもいけない)のだ。こうした飲料のなかで最も糾弾されているコカ・コーラを弁護するためのCMもあった(ただし批判の的となった)。  しかし、いまやたくさんの科学的証拠が、こうした飲み物の健康への害を明らかにしている。こうしたことから、ブルームバーグらはこの戦いに負けたけれど、戦争はまだ終わっていないと信じることができる。それはアメリカのさまざまな州やフランスで、この種の飲料がすでに税によって規制さ…… 続きを読む>>

« 前  1  次 »


掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
コンテンツ等はあくまで編集員の感想です。個人差がありますのでご注意ください。
編集員により紹介されている製品の品質や安全性などにつきましては一切の責任を負いかねます。

©Copyright e-ditenavi.net All Rights Reserved.