イーダイエットナビ


話題のダイエット情報なら イーダイエットナビ

イーダイエットナビはがんばるあなたの美容と健康をサポートするダイエット情報サイトです

タグ「基礎代謝」が付けられているもの

掲載日:2015.10.09

カテゴリー:ダイエット食品・方法

たったコレだけ? ダイエットを成功させる6つのカンタン習慣

1. 身体の声をきく きちんと食事をとらなかったり、疲れているのにジムに行ったり……。無理なダイエットを続けているせいで、身体が悲鳴をあげていませんか? 女性の場合は偏った食生活を続けていると鉄欠乏におちいりやすく、疲労やだるさが症状としてあらわれます。最近疲れやすいかも……と感じたら身体の声に耳をかたむけるのを忘れずに。 2. ポジティブでいる ダイエットを成功させるにはヘルシーなメンタルを保つことがカギとなってきます。ポジティブな姿勢がもたらすダイエット法は「ポジティブシンキング・ダイエット」としても知られ、ダイエットにおけるメンタル部分の重要性をしめしています。 気持ちが沈んでいるときはダイエットを一時ストップ。心も身体も元気なときこそ、ダイエットを成功させるチャンスです。 3. 裸をチェックする ダイエットへの意識を高めるのに効果抜群の裸チェック。ちょっとした体重の減少も目で確認するとモチベーションがぐっとアップ。反対に「ちょっと食べ過ぎたな」というときには、鏡にうつるぷよぷよのお腹をみれば自分をいましめる…… 続きを読む>>

掲載日:2012.08.07

カテゴリー:ニュース

同じ物を食べて太る人と太らない人の差は遺伝子のせいだった

 同じ物を食べても太る人と太らない人がいる。これを分けるポイントが肥満関連遺伝子と呼ばれるもの。多くの日本人に関連する肥満遺伝子は10種あり、これらは個人の基礎代謝量に関連している。標準基礎代謝と比べて少ない分のカロリーを減らすことで、効果的なダイエットが可能だ。現在10種まとめての検査が可能で、テーラーメイド医療に役立つと期待されている。  遺伝子研究では、特定の体質に関して一塩基多型(SNP)と呼ばれる変異が重要なマーカーとして注目されている。現在世界で発見された肥満関連SNPは約100種、日本でも70種が報告されている。肥満関連SNPは、基礎代謝を鈍らせる倹約遺伝子と代謝を上げる亢進遺伝子がある。世界初の肥満関連SNPはベータ3アドレナリン受容体(β3-AR)で、1995年に発見された。アメリカのピマインディアンの50%以上が持ち、基礎代謝量を200キロカロリー倹約する遺伝子だ。  β3-ARは安静時代謝量に比べ、エネルギー消費が200キロカロリー少ない。UCP1(脱共役タンパク質1)は100キロカロリーのエネルギーを倹約する。反対に&beta…… 続きを読む>>

掲載日:2011.07.26

カテゴリー:ダイエット食品・方法

ダイエット失敗の原因は睡眠不足!? 「かくれ不眠」が食べ過ぎを招くらしい

夏に向けてダイエットに励んでいるんだけど、なんだかちっとも体重が減らないのよね......という人はいませんか? ダイエットがうまくいかないのは、もしかしたら睡眠不足が原因かも!? という意外な調査結果があるそうなんです。   この調査はNPO法人日本ブレインヘルス協会が主催する「睡眠改善委員会」が行ったもの。 「20~40代のかくれ不眠者と快眠者の男女832名を対象に、『睡眠が及ぼす身体への影響』に関するインターネット調査を実施」したそうです。 ちなみにこの「かくれ不眠者」とは、専門治療を要さない、軽度・短期の不眠状態にある人とのこと。なんとなく眠れないな~などと悩んではいるけれど日常生活はなんとか送れているので、とくに病院などに相談したことはない、という人のことです。けっこうたくさん存在しそうですね。 このアンケートでは:     ■「つい食べ過ぎてしまう」     ■「体重が減りにくくなった」     ■「メタボリック・シンドロームが気になるようにな…… 続きを読む>>

掲載日:2011.03.17

大豆ペプチド(筋肉増強、体脂肪燃焼に)

■大豆ペプチドの概要 大豆ペプチドとは、大豆たんぱく質が分解される過程で出来る成分のことです。 食品中のたんぱく質は体内の消化酵素でアミノ酸に分解され吸収されますが、すべてのたんぱく質がアミノ酸に分解され吸収されるわけではなく、一部のたんぱく質はアミノ酸がいくつか結合した状態で吸収されます。この結合された状態のアミノ酸を「ペプチド」と言います。 ■大豆ペプチドの特徴 大豆ペプチドがたんぱく質やアミノ酸と違う最大の特徴は、その吸収率の早さです。その早さはたんぱく質やアミノ酸の吸収率のなんと3倍で、約20分で腸管に吸収されます。これは、アミノ酸とペプチドは吸収ルートが別で、アミノ酸は競合阻害を生じながら1個づつ吸収されるのに対し、ペプチドは複数まとめて吸収されるためです。 ■大豆ペプチドの効果 大豆ペプチドはダイエットにもっとも効果があらわれます。 カロリーの消費は「基礎代謝」「運動等による消費」「食事誘導性熱代謝」に分けられますが、一般的に基礎代謝の高さが体重の増減を左右しています。基礎代謝とは、人の体温・呼吸・内臓の動きなど生命維持に必要なエネルギ…… 続きを読む>>

« 前  1  次 »


掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
コンテンツ等はあくまで編集員の感想です。個人差がありますのでご注意ください。
編集員により紹介されている製品の品質や安全性などにつきましては一切の責任を負いかねます。

©Copyright e-ditenavi.net All Rights Reserved.