イーダイエットナビ


話題のダイエット情報なら イーダイエットナビ

イーダイエットナビはがんばるあなたの美容と健康をサポートするダイエット情報サイトです

タグ「低糖質」が付けられているもの

掲載日:2016.08.22

カテゴリー:ニュース

RIZAPとピザハットのコラボピザ登場 - ごはん1杯分より少ない糖質量

RIZAPはこのほど、ピザハットと共同開発したコラボピザ3種(各1,000円・税別)を、関東地区のピザハット6店舗(恵比寿店、神田店、小滝橋店、東銀座店、千葉店、浦安店)で、10月23日までの期間限定で発売した。 「テリチキエッグ」(1,000円・税別) 同商品は、ピザハットの"もっちりハンドトス生地"と比べ、50%もの糖質OFFを実現したピザ。同社が行う食生活の改善方法を元にアドバイスし、糖質量を約30gにまで抑えることに成功した。この糖質量は、ごはん1杯分の糖質量(55.2g)よりも少ないという。 低糖質商品に対する「おいしくなさそう」というイメージを払拭(ふっしょく)するために、おいしさにこだわって商品開発を行った。「旨みギュッとプルコギ」は、ピザハットで人気の高いトッピングであるプルコギの旨みをそのままにアレンジ。「熟成ベーコンとグリル野菜」は、熟成ベーコンに6種類の野菜をトッピングした。 …… 続きを読む>>

掲載日:2016.08.06

カテゴリー:ニュース

the 3rd Burger、低糖質でグルテンフリーのハンバーガーを発売

ユナイテッド&コレクティブのハンバーガーブランド「the 3rd Burger」六本木・アークヒルズサウスタワー店はこのほど、「クラウドブレッドバーガー」(550円・税別)を期間限定で発売した。11時30分から1日限定10食を販売する。 「クラウドブレッドバーガー」(550円・税別) 同商品は、海外で話題となっている「クラウドブレッド」をバンズとして使ったハンバーガー。クラウドブレッドは小麦粉の代わりに卵とクリームチーズ、豆乳を使ったパンで、良質なたんぱく質を摂取することができるとのこと。 また、小麦粉を使わないため、糖質が通常のバンズと比べると非常に低い。糖質を制限しているダイエット中の人や、糖尿病食事療法中の方でも安心して食べることができるという。小麦・大麦などに含まれているたんぱく質の一種で、アレルギーの原因のひとつと言われる「グルテン」も含まれていない。 小…… 続きを読む>>

掲載日:2015.03.04

カテゴリー:ダイエット食品・方法

肥満患者から!? 医師が考案した「ケトジェニックダイエット」が凄い

寒い日が続き、食欲の勢いが止まらないという人もいるでしょう。しかしそのまま放っておくと、薄着になる春には取り返しのつかないことになるかも! すぐそこに暖かな春が見え隠れしている今日このごろ。効率良いダイエットをしていかないと、間に合わないかも。 だからといって、自分方式でダイエットを行うのは自信がないという人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、管理栄養士である筆者が、効率良く痩せられるという話題の“ケトジェニックダイエット”についてご紹介します。   ■医療の現場から生まれたダイエット “ケトジェニックダイエット”という言葉をあまり聞いたことがないという人でも、似たようなダイエットをしたことがある人は多くいるかと思います。 というのも、ケトジェニックダイエットは、別名、低炭水化物ダイエット、ローカーボダイエット、低糖質ダイエット、主食抜きダイエットとも呼ばれています。 低炭水化物ダイエットは、医療の現場から生まれたダイエットで、アメリカのロバート・アトキンス博士という循環器学者の医師が肥満患者に対して考案…… 続きを読む>>

掲載日:2012.09.20

カテゴリー:ニュース

巷のダイエットの中には"寿命を縮める危険なダイエット"も?

ダイエットの定番といえば食事制限だ。最近でも、空腹になると発動する「サーチュイン遺伝子」が話題になるのにともなって一日一食がもてはやされたり、低炭水化物、低糖質、単品ダイエットなど新たな制限方法が次々と生まれている。  雑誌やテレビで活躍するモデルはみな細く、そうした身体を手に入れたいという欲は深まるばかり。  しかし、これらのダイエットに対して“健康”という点から警鐘を鳴らす人がいる。医学博士で高須クリニック院長の高須克弥さんだ。  高須さんの著書『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社/刊)では、「やせ=健康的、小太り=不健康的」というイメージを覆し、巷にはびこる食事制限系ダイエットの危険性や健康的に毎日を送る方法について述べられている。ここでは今、流行している代表的な3つの食事制限ダイエットの危険性について紹介する。 ■1日1食ダイエット  「単食ダイエット」とも言われるダイエット法だが、リスクとしてあげられるのが糖尿病になる危険性が増すということ。空腹時になると血糖値が低くなり、 脳からブドウ糖を補給せよという指令が出る。その状態で甘いも…… 続きを読む>>

« 前  1  次 »


掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
コンテンツ等はあくまで編集員の感想です。個人差がありますのでご注意ください。
編集員により紹介されている製品の品質や安全性などにつきましては一切の責任を負いかねます。

©Copyright e-ditenavi.net All Rights Reserved.