イーダイエットナビ


話題のダイエット情報なら イーダイエットナビ

イーダイエットナビはがんばるあなたの美容と健康をサポートするダイエット情報サイトです

タグ「ヨーグルト」が付けられているもの

掲載日:2013.01.22

カテゴリー:ニュース

朝食はとる?とらない?

ある年の国民栄養調査で「20代の4人に1人が朝食をとっていない」という結果が出ました。 「朝食はほとんど抜きで、昼間はそばか丼ものを食べ、夕食は遅い時間にドカ食いをする」というのが現代日本人の典型的なパターンとも言われていますが、これは肥満へ一直線の最悪の食事スタイルです。  また、小中学生を対象に「朝食を食べる人」と「食べない人」のその後をくらべると、朝食の回数が少ない子供ほど、成長してから肥満になるという結果も出ています。  朝食をとったほうがダイエットにいいのは事実のようです。  ……しかし、なぜなのでしょうか?  それは、朝食をきちんととると胃腸のスイッチが入り、胃腸が活発に活動を始めるのでカロリーを消費しやすくなるからなのです。  これを「食事誘発性熱産生」と言います。  これが、「基礎代謝を上げる」ことにつながります。基礎代謝とは、「運動をしていなくても、細胞を維持するためだけに消費されるカロリー」のことです。  朝食をとることが、腸の活動を活発にして基礎代謝を上げ、「太りにくくやせやすい体質」…… 続きを読む>>

掲載日:2011.10.11

カテゴリー:ダイエット食品・方法

キレイに痩せたいなら「朝バナナダイエット」はNG

医師の約7割が「朝バナナダイエット」に否定的 医師にネットから相談できるウェブサイト『アスクドクターズ』では、医師100名に対して「朝バナナダイエット」に関するアンケートを行いました。 「朝バナナダイエット」とは2年ほど前にブームになり、多くの人の間で定着したダイエット方法。朝食をバナナと水だけに置き換え、昼と夜は普通に食事をとることでダイエット効果を狙うというものです。 しかし今回のアンケートでは、医師の実に約7割が「朝バナナダイエットはおすすめできない」と回答しました。 実はバナナはハイカロリー? その理由として、「バナナは高カリウム食品のため、とりすぎは腎機能の低下を招く」「バナナは100gあたりのカロリーが約90キロカロリー。肉や魚と比べると低カロリーだが、野菜類の中では決して低カロリーではない」「栄養の偏りを招き、ダイエット効果の面でも効果が不明」などがあげられています。 朝食としてバナナを食べる場合には、水とバナナだけといった組み合わせではなく、ヨーグルトと組み合わせたり、パンと目玉焼きの副菜としてとりいれるべきでしょう。 バナ…… 続きを読む>>

掲載日:2011.09.06

カテゴリー:ニュース

【女性編】ダイエットに効くと思って食べたことがある食材ランキング

ウーロン茶、寒天、ヨーグルトに期待大!その効果は? 食欲の秋ももうすぐですが、好きなものを好きなだけ食べているという人はそんなにはいないはず。やっぱり食べ過ぎて太ってしまうことは怖いですよね。食欲の秋は、ダイエットが難しくなる時期です。ならば、口さびしい思いをせず済むように、せめて食べながらダイエットすることはできないものなのでしょうか。というわけで、20代女性に、ダイエットに効くと思って食べたことがある食材と、その効果のほどを聞いてみました。 Q.ダイエットに効くと思って食べたことがある食材を教えてください(複数回答) 1位 ウーロン茶 31.7% 2位 寒天 27.7% 3位 ヨーグルト 25.0% 4位 こんにゃく 22.0% 5位 バナナ 18.3% ■ウーロン茶…… ・「飲むと余分な脂質などは吸収をさせにくくしてくれるときいたから。さっぱりはしますが効果は不明です」(28歳/機械・精密機器/事務系専門職) ・「食前、食事中、食後はウーロン茶を飲んで余分な脂肪はつかないようにしている。今のところ動いてもいる…… 続きを読む>>

掲載日:2011.07.27

カテゴリー:ニュース

旅行は太る!でも、食べる!!(旅行とダイエットに関するアンケート結果)

旅先ではおいしいものをたくさん食べて、キレイな景色を見たり、買い物、エステ、などなど楽しいことが満載で考えるだけでテンションが上がってしまいます。唯一心配なのは、旅行へ行くと「太りそう」ということ…。 せっかくの長い連休は、日常を離れて遠出したいものですよね。 夏休みには国内、海外問わず旅行へ行く予定がある人も多いのでは? おいしいものをたくさん食べて、キレイな景色を見たり、買い物、エステ、などなど楽しいことが満載で考えるだけでテンションが上がってしまいます。唯一心配なのは、旅行へ行くと「太りそう」ということ…。 「旅行とダイエットに関するアンケート」(サニーヘルス調べ/調査対象は、美容・健康のために体型を気にしている、全国の18〜65歳の男女。インターネットリサーチで、373人が回答)でも、旅行で太ることを心配している人が全体の81%と、大多数であることが判明!!  ・旅行中だけはカロリーを気にせず美味しいものを思いっきり食べたい。(91%)  ・旅行に行くと美味しいものを食べ過ぎて太ってしまうことが心配。(81%)  ・…… 続きを読む>>

掲載日:2011.07.05

カテゴリー:ダイエット食品・方法

この夏、「ヨーグルトワインダイエット」で生まれ変わる!

この時期、多くの女性たちの関心は夏に向けたダイエットではないだろうか。そこで、ちょっと気になるのが、「ヨーグルトワインダイエット」。 食前に、ヨーグルトと赤ワインを混ぜたものを一杯食べるという健康法だ。 カルシウム不足が肥満の原因!? ヨーグルトに含まれるカルシウムには、体に脂肪を蓄えようとする副甲状腺ホルモンの分泌を抑える働きがあり、カルシウムが不足すると、脳に栄養不足という危険信号が出され、この副甲状腺ホルモンが血液中に分泌される。そのため、腸から脂肪を多く吸収して太ってしまう。そこで肥満の原因につながるカルシウム不足を補うヨーグルトが注目されている。 日本人の一日平均のカルシウムの必要摂取量は650mgだが、成人平均摂取量は530mgしかない(厚生労働省調べ)。さらに、女性は更年期になると女性ホルモンが減少し、骨からカルシウムが溶け出す量が増える。このカルシウム不足が、肥満の原因になっている可能性があるのだ。 ここで登場するのが赤ワイン。赤ワインにはポリフェノールの1種「アントシアニン」が含まれる。アントシアニンには、活性酸素(脂質を過酸化脂質に…… 続きを読む>>

« 前  1  次 »


掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
コンテンツ等はあくまで編集員の感想です。個人差がありますのでご注意ください。
編集員により紹介されている製品の品質や安全性などにつきましては一切の責任を負いかねます。

©Copyright e-ditenavi.net All Rights Reserved.