イーダイエットナビ


話題のダイエット情報なら イーダイエットナビ

イーダイエットナビはがんばるあなたの美容と健康をサポートするダイエット情報サイトです

タグ「パン」が付けられているもの

掲載日:2016.03.15

カテゴリー:ダイエット食品・方法

炭水化物は冷やせば太りにくくなる?!

炭水化物は冷やした方が太りにくい 温かいご飯と冷ご飯ならば、冷やご飯の方が太りにくいです。もちろん、冷ご飯ならば、いくら食べても太らないということではありません。同量のごはんならば、温かいものより冷たいものの方が太りにくいのです。 ご飯だけでなく、パスタやジャガイモなどの炭水化物においても、同じことが言えます。 冷ご飯の方が太りにくくなるのは、ご飯に含まれているでんぷんが、「レジスタントスターチ」に変化するためです。(レジスタント[resisutant]:消化されにくい、スターチ[starch]:でんぷん) レジスタントスターチは、食物繊維のような働きがあり、糖や脂質の吸収を抑制して太りにくくしてくれます。また、腸内環境を整える効果や次の食事まで空腹を感じにくくする効果なども期待できます。 冷たい状態で美味しく食べられるメニューを取り入れると、レジスタントスターチを上手に取り入れられて、ダイエットに役立てられるでしょう。冷たい状態で美味しく食べられるメニューに、冷製パスタやジャガイモの冷製スープ、冷やし中華などが挙げられます。 しかし、いくらダイエット効果が期待できるか…… 続きを読む>>

掲載日:2015.01.11

カテゴリー:ダイエット食品・方法

食事制限無しの「食べ合わせダイエット」5例

ダイエット中だからといって、好きなものは高カロリーでも我慢したくないですよね。   そんな好きなものを食べても、太りにくくなる食べ合わせがあるそう。今回は、「食事制限無しの『食べ合わせダイエット』5例」をご紹介します。 1.焼肉+食前にキムチ みんなでわいわい食べる焼き肉はたまらなく美味しいですよね。そんな焼き肉は食前にキムチを食べるようにしましょう。キムチやカクテキなどの発酵食品に含まれる乳酸菌が代謝アップを促し、脂肪燃焼効果まで期待できます。 また、焼き肉には白いごはんを頼みがちですが、ごはんを「サンチュ」に変えれば、栄養のバランスも取れ、よりダイエット効果が期待できますよ。 2.ラーメン+食前に野菜ジュース ダイエットをしていてもラーメンって恋しくなっちゃいますよね。そんなラーメンを食べたくなった時は食前に野菜ジュースを飲みましょう。ラーメンのような炭水化物を最初に食べると、体内の血糖値が急激に上がってしまい、残った糖が脂肪となってしまいます。野菜ジュースを食前に飲むことで、血糖値の急上昇を抑えることができ、糖は緩やかに摂取され、脂…… 続きを読む>>

掲載日:2014.10.29

カテゴリー:ダイエット食品・方法

75%が体調悪くなった...「炭水化物抜きダイエット」って本当に効果あるの?

女性にとって、年中いつも気になってしまうのが“ダイエット”ですよね。 レコーディング、置き換え、サプリメント……。世の中にダイエットの方法は数ありますが、「炭水化物抜きダイエット」したことある人も多いのでは? ダイエットの定番とも言える「炭水化物抜きダイエット」、成功したという声がある一方、失敗したという声があるのも事実。 実際「炭水化物抜きダイエット」って効果あるのでしょうか?   ■75%の女性が「炭水化物抜きダイエットで体調が悪くなった」 JAはこれに対して、調査を行っているよう。「お米とダイエット・美容に関する意識調査」を見てみると、2人に1人以上が、「炭水化物抜きダイエット」経験アリ。 そのうち、75%近くの人が「体調に何らかの問題があった」と答えています。 実は筆者も炭水化物抜きダイエットは経験あり。便秘になってしまって、肌の調子は悪くなるし、お腹はポッコリ張ってしまって痛いうえに、ボトムが入らなくなってしまって散々な目に。   ■お米を毎…… 続きを読む>>

掲載日:2013.03.04

カテゴリー:ニュース

死亡率が上がる?「糖質制限ダイエット」に賛否

これまで多くのダイエットが流行しては消えた。いま一番話題のダイエットといえば、「糖質制限ダイエット」。ごはんなどの主食を減らして、大幅な減量に成功した人、いませんか?  もとは糖尿病患者への治療として始まった「糖質制限食」。1999年から導入している京都・高雄病院理事長の江部康二医師は、その仕組みをこう語る。 「糖質をとると、血糖値が上がり、それを抑えようとインスリンが大量に分泌される。インスリンは『肥満ホルモン』とも呼ばれ、過剰に分泌されるとメタボや肥満などを引き起こす。さらに血中のインスリン濃度が高い『高インスリン血症』は、酸化ストレスを増大させ、動脈硬化や心筋梗塞、発がんのリスクも高める」  ごはんやパンといった主食や甘いものなど糖質を減らすことで、肥満ホルモンが抑制され、減量につながる。ただ、糖質制限で食事中のタンパク質と脂質の割合が増えるため、肝硬変や腎不全、活動性すい炎の人はやめたほうがいいという。  自らも糖尿病を発症した2011年前から糖質制限食にしている江部医師は、半年間で10キロ減に。血圧も正常に戻り、現在は体調も検査データも良好だという…… 続きを読む>>

掲載日:2013.02.21

カテゴリー:ニュース

ほとんどの女性は37日間43分後にダイエットをあきらめるらしい/痩せたい理由→「ふとウインドーに映った自分を見て絶望」など

  「痩せてキレイになりたい!」とは思っても、なかなか続かないダイエット。後悔するのは目に見えているのに、友達と焼肉食べ放題に行ってしまうというジレンマ……だって、食べたいんだもん!! 英ニュースサイト「Mail Online」によると、最近の調査で、ほとんどのイギリス人女性は37日間43分でダイエットをあきらめていることが判明。8%の女性が1週間、16%の女性が2週間で挫折していることもわかりました。 この調査は、ダイエット甘味料ブランド「Splenda(スプレンダ)」がイギリス人女性1000人を対象に行ったもの。ダイエットを始めたきっかけとしては、次のような回答が多かったそう。 ●自分の写真を改めて見るとひどかったから ●街を歩いているとき、ふとウインドーに映った自分を見て絶望 ●知人に「妊娠したの?」と聞かれた ●失恋した ●パートナーが浮気しているような気がする ●最近、パートナーとのセックスの回数が減った では、どうしてダイエットが長続きしないのでしょうか?  「食べたい」という欲求がダイエット難しくすると、約6…… 続きを読む>>

掲載日:2012.11.17

カテゴリー:ダイエット食品・方法

シャトレーゼ、健康・ダイエットが気になる人に「やさしい糖質生活ロールパン」を発売

全国約451店舗(10月時点)を展開しているシャトレーゼは、11月下旬から、「やさしい糖質生活ロールパン6個入」の店頭販売を開始する。   シャトレーゼは、糖質コントロールが必要な人でもお菓子を楽しんでもらうことを願い、「糖質でお悩みの方」向けのシリーズ商品として、バラエティ豊かな糖 質を抑えた菓子を開発・販売してきた。これに加え2012年6月28日からは、糖質制限をしている人の悩みである「主食」として提供すべく、オンライン ショップ限定で「糖質でお悩みの方のテーブルロール」を販売してきた。  そして今回、オンラインショップで多くの人々から好評を得たこと から、ブランド名を「やさしい糖質生活ロールパン」に一新し、店頭でも糖質を抑えたロールパンの販売を開始することが決定した。最近では、ダイエットに糖 質コントロール商品を利用する人が増えており、そのような人々にも利用できる商品となっている。  「やさしい糖質生活 ロールパン」を食べた消費者からは、「お通じがよくなった」「お腹にたまりやすく、満腹感がある」「おいしいので続けやすい」等の感想を得ているという。   …… 続きを読む>>

掲載日:2011.10.31

カテゴリー:ダイエット食品・方法

1日5食のほうが実は痩せやすい!?新しいダイエットのルールとは

突然ですが、皆さんは今日は何度食事をしましたか?実は、最近の研究によると、一日2食の人は太りやすい傾向にあり、一日5~6食食べている人が一番やせている可能性が高いという結果が出ています。 5ファクターダイエットの一環として一日5食の生活をしているセレブも多いのですが、厳格にファイブファクターダイエットをしていない人も、一日5~6食食べている方が痩せやすい傾向にあるそう。 現在人気を博しているチャン・グンソクさんやモデルの北川景子さんも、少しづつ一日5~6食たべて、スタイルをキープしているそう。今回はそんな新しい定番とも言える一日5~6食食べて痩せる理由をお教えします。 ■メリット1 貯めにくく、使われやすいカラダになる!? 通常、食事をすると血糖値が上がります。特に、炭水化物や糖質などを摂ると血糖値が急上昇。すると、血糖値を下げるために、体内ではインシュリンが分泌され、血中の糖を取り除こうとします。その際、食事によって体内に入った炭水化物や糖質を優先してエネルギーに変えていくのですが、すでに体内に蓄えられている脂肪やエネルギーがこの代謝の中で使われることはあり…… 続きを読む>>

掲載日:2011.06.16

カテゴリー:ダイエット食品・方法

「甘いものが美肌のジャマをする」ワケ

朝から甘い物食べてませんか?  まずはチェックしてみてください。 ◇朝食を甘い菓子パンや甘いコーヒー、ジュースなどで済ませることが多い ◇ご飯、麺類、パンなどの炭水化物が大好き ◇野菜、豆類はあまり食べない ◇ダイエット中でも、朝なら大丈夫と思ってケーキや甘いものを食べる ◇クッキーやケーキ、その他甘いものの間食が多い ◇飴やチョコが、いつもバッグに入っている ◇アルコールをよく飲む ◇小腹がすくと甘いもので空腹を紛らす ◇早食いになりがち  いくつ当てはまりましたか?  これらの食生活は、イライラしやすくなる「低血糖症」と、老化の原因「糖化」を招きやすくします。チェック項目に一つでも当てはまるものがあったら、要注意です。 【詳細画像または表】 「お腹がすいてイライラする」があぶない!  人間はご飯などから糖分をとりますが、砂糖などの甘みは急激に血糖値を上げます。そうなると、血糖値を一定に保つために「インスリン」というホルモンが働き、調整をします。  しかし、常に甘いものをとり続けていると、血糖値が正常より高くなり、それを…… 続きを読む>>

« 前  1  次 »


掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
コンテンツ等はあくまで編集員の感想です。個人差がありますのでご注意ください。
編集員により紹介されている製品の品質や安全性などにつきましては一切の責任を負いかねます。

©Copyright e-ditenavi.net All Rights Reserved.