イーダイエットナビ


話題のダイエット情報なら イーダイエットナビ

イーダイエットナビはがんばるあなたの美容と健康をサポートするダイエット情報サイトです

タグ「ウォーキング」が付けられているもの

掲載日:2020.10.08

カテゴリー:ダイエット食品・方法

正しく歩くだけで、体の中も外もみるみる変わる「骨盤腸整ウォーキング」登場!

株式会社世界文化社は、書籍『10歳若返る骨盤腸整ウォーキング』を2020年10月8日(木)に発売いたします。 運動不足だからと公園を歩いたり、ジムで運動しても効果が出ない……という悩みのある方は少なくありません。でも、体重移動しないペタペタ歩き、腕を振らないだらだら歩き、ねこ背などの悪い姿勢を続けると、やせるどころか骨盤がゆがみ、O脚や腰痛、便秘やぽっこりお腹など、さまざまな不調や老化現象を招きます。 効果的に歩くには、頭が骨盤の真上に来るよう骨盤を垂直に立てて、背中側の筋肉をしっかり使うのが最大のポイント。体が引き締まって若返るだけでなく、内臓が正しい位置に戻って腸まで活性化されるんです。 正しく歩くことで体の中も外も変わる「骨盤腸整ウォーキング」を提唱するのが、著者の山﨑 美歩呼さん。50代半ばとは思えないスタイルの持ち主ですが、40代までは産後太りで15kg以上も太っていて、ひどい便秘に悩むダイエット難民のひとりでした。そして、試行錯誤の末にたどり着いた方法が、時間や歩数にとらわれず「背中側の筋肉を使って正しく歩くこと」。一生続けられる、…… 続きを読む>>

掲載日:2020.09.11

カテゴリー:ピックアップ記事

もうジムには行かなくていい!世界一シンプルで科学的に証明された究極のウォーキング「インターバル速歩」とは?

株式会社世界文化社は、書籍『最高の歩き方 やせる!若返る!疲れにくくなる!』を2020年9月11日(金)に発売いたします。 ■たった3分!ジムに行かなくても、歩き方でカラダが変わる! 「ジムに行かなくても筋肥大ができる」「効率よく持久力がついた!」そんな声から近年話題となっているのが「インターバル速歩(そくほ)」です。インターバル速歩は早歩きとゆっくり歩きを3分ごとに繰り返すだけの手軽な全身運動。いつでもどこでもできる運動なのに、筋力と持久力が一気にアップする、今や自治体や健康系団体などからも注目される画期的なメソッドなのです。 本書は、インターバル速歩の第一人者である著者・能勢 博氏らの20年間にわたる豊富な科学データを基に、インターバル速歩の方法、効果、メカニズムを、グラフとイラストを駆使してわかりやすく解説。初めての方にもぴったりな一冊です。 ■もうだらだら「一日一万歩」は必要なし!歩き方を変えるだけで「筋トレ+有酸素運動」の効果 インターバル速歩は下半身を中心とした全身の筋肉を働かせるため、スクワットやジムでの筋トレと同様の効果が得られると考えられてい…… 続きを読む>>

掲載日:2020.08.29

カテゴリー:ニュース

FromプラネットVol.140<コロナ下の運動に関する意識調査>

 国内1,300社超が利用する日用品流通の情報基盤を運営する株式会社プラネット (所在地:東京都港区、代表取締役社長:田上正勝)は消費財や暮らしにまつわるトピックスをお届けする 『Fromプラネット』 の第140号として、新型コロナ流行下での運動に関する意識調査の結果をご紹介します。このリリースに未掲載データもご提供できますので、お気軽にお問い合わせください。 コロナ流行下だからこそ、健康に意識を向けてみる?!  ここ数年、「健康寿命」という概念が広まりつつあり、世界的に健康ブームが到来しています。通販では健康器具は売れ筋商品であり、街ではジョギングやウォーキングをする中高年の姿も目に付くようになりました。博報堂の昨年の調査では「2019年、始めたいこと」では第1位に「運動・体操・筋トレ」がランクイン。「2019年、やめたいこと」では「食べ過ぎ・飲み過ぎ」がトップでした。その矢先の新型コロナ流行です。不要不急の外出を避け、在宅勤務も増えてきた中で、「運動」に関する意識や行動は、どう変化したのでしょうか?今回は、調査データからそれを読み解いていきましょう。  …… 続きを読む>>

掲載日:2015.10.15

カテゴリー:ダイエット食品・方法

読書でダイエット? ジムの代わりにカロリーを消費する行動5つ

食欲の秋。美味しいものについ手が伸びてしまうこの時期は、どうしても体重が気になってしまいます。会社帰りにジムへ行ってしっかりワークアウトしたいものの、仕事が忙しくてなかなか時間もとれないーー。そんな人も多いと思います。 でも、普段の生活のなかでも、ジムでトレーニングするようにたくさんのカロリーを消費できるのです。海外サイト「EATTHIS! WEIGHT LOSS」で、無意識のうちに100キロカロリーを消費する方法が紹介されていました。 ウィンドウショッピングを33分 最新のファッションや小物をモールでたった33分チェックするだけで、100キロカロリーを消費できます。 デパートやモールなどで、新商品やバーゲンを覗くのはとても楽しいですし、ストレス発散にもなります。なにより知らない間にカロリー消費までされているとは一石二鳥です。会社帰りやお昼休みの合間など、積極的にウィンドウショッピングを楽しんでみるといいかもしれません。 部屋の掃除を25分 ほうきとモップを取り出して作業してください。たった25分掃除するだけで100キロカロリーを消費するだけではなく、…… 続きを読む>>

掲載日:2012.01.24

カテゴリー:ダイエット食品・方法

肩甲骨ウォークでダイエット

背中にある肩甲骨は、体幹を使うためのスイッチ。まずは右腕を後ろに引いて、肩甲骨を動かす。すると、肩甲骨に連動して右の骨盤が前に出る。これを左右で繰り返すと、自然に体幹部を使って歩ける。体幹部の大きな筋肉を使うことで、運動としての効果もアップ。ちょっと歩くだけでも、軽く汗ばむくらいに。  家から駅まで、駅から会社まで、通勤途中、歩く場面は多い。足を引きずるように、ダラダラ歩いていては、運動としての効果は少ない。この歩きをエクササイズに変えるために、まず意識してほしいのが、「肩甲骨(けんこうこつ)」と「骨盤」。  「右の肩甲骨をぐいっと後ろに引くと、それに連動して右の骨盤が前に出て、一歩を踏み出す。このように、上半身と下半身をくまなく動かすことで、運動としての質がアップする」と、金さん。しかし「デスクワークで猫背になりがちな人は、肩甲骨周辺が凝っていることが多い。家を出て歩き出す前に、ひじを軽く回して、肩甲骨の動きをスムーズにして」(金さん)。  もうひとつ意識してほしいポイントが「丹田(たんでん)」。これは、へそ下3cmあたりの奥にある一点で、体の重心でもある。肩に…… 続きを読む>>

« 前  1  次 »


掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
コンテンツ等はあくまで編集員の感想です。個人差がありますのでご注意ください。
編集員により紹介されている製品の品質や安全性などにつきましては一切の責任を負いかねます。

©Copyright e-ditenavi.net All Rights Reserved.