イーダイエットナビ


話題のダイエット情報なら イーダイエットナビ

イーダイエットナビはがんばるあなたの美容と健康をサポートするダイエット情報サイトです

タグ「アレルギー」が付けられているもの

掲載日:2016.08.06

カテゴリー:ニュース

the 3rd Burger、低糖質でグルテンフリーのハンバーガーを発売

ユナイテッド&コレクティブのハンバーガーブランド「the 3rd Burger」六本木・アークヒルズサウスタワー店はこのほど、「クラウドブレッドバーガー」(550円・税別)を期間限定で発売した。11時30分から1日限定10食を販売する。 「クラウドブレッドバーガー」(550円・税別) 同商品は、海外で話題となっている「クラウドブレッド」をバンズとして使ったハンバーガー。クラウドブレッドは小麦粉の代わりに卵とクリームチーズ、豆乳を使ったパンで、良質なたんぱく質を摂取することができるとのこと。 また、小麦粉を使わないため、糖質が通常のバンズと比べると非常に低い。糖質を制限しているダイエット中の人や、糖尿病食事療法中の方でも安心して食べることができるという。小麦・大麦などに含まれているたんぱく質の一種で、アレルギーの原因のひとつと言われる「グルテン」も含まれていない。 小…… 続きを読む>>

掲載日:2011.03.15

EPA [エイコサペンタエン酸] (血液流動化(サラサラ化)、高血圧改善に)

■EPAの概要 EPAは必須脂肪酸ですが、体内でつくることができないため、食品からとらなければならない栄養素です。DHAと同様に青魚の脂に多く含まれている栄養素で、不飽和脂肪酸に分類されるものです。 、「魚を食べる機会が減っている」=「DHA・EPAの摂取量が少ない」現代では、積極的にDHAやEPAのサプリメントを摂っていくことで、私達のライフスタイルを向上させる様々な効果が期待できます。 また、1日の摂取量は1日1~2gを目安に。酸化しやすい成分ですので、新鮮なものを摂るよう心がけましょう。 ■EPAの特徴 EPAとDHAはよくセットになっていて、違いがわかりにくいと思います。共に血液の流れを良くし、動脈硬化などの生活習慣病を予防しますが、コレステロールを下げる効果についてはDHAの方が高く、一方、中性脂肪を減少させる効果については、EPAの方が高いなど、それぞれで得意分野があります。 また、両者の最も大きな違いは、DHAは脳にまで運ばれ脳神経を活性化させますが、EPAは脳まで行き渡らない仕組みとなっています。 ■EPAの効果 血液中の悪玉コレ…… 続きを読む>>

« 前  1  次 »


掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
コンテンツ等はあくまで編集員の感想です。個人差がありますのでご注意ください。
編集員により紹介されている製品の品質や安全性などにつきましては一切の責任を負いかねます。

©Copyright e-ditenavi.net All Rights Reserved.