イーダイエットナビ


話題のダイエット情報なら イーダイエットナビ

イーダイエットナビはがんばるあなたの美容と健康をサポートするダイエット情報サイトです

タグ「たんぱく質」が付けられているもの

掲載日:2015.08.03

カテゴリー:ダイエット食品・方法

「お酒は太る」は間違い!?ダイエット中でも飲めるお酒はコレ!

ダイエット中といえど、仕事や友達の付き合いで飲み会を断るわけにはいきません。それにたまにはお酒を飲んで良い気分になりたいですよね。そんな悩めるあなたに嬉しいお知らせ。 飲んでも太らない、身近なお酒をご紹介します。 ◆「焼酎」は飲んでも太らない! 飲んでも太らない、ダイエット中に最適なお酒は「焼酎」。 そもそもアルコール飲料のカロリーは、糖質・たんぱく質・アルコールのカロリー合計のこと。アルコールは1g=7kcalありますが、アルコール自体は体脂肪になりません。体内に入ると優先的にエネルギーとして使われ、糖質やたんぱく質は後回しになります。 焼酎は1合約260kcalで糖質0g、たんぱく質0g。つまり、焼酎のカロリーは100%アルコールのカロリーなので体脂肪にはなりません。反対に、「ビールは太る」と言われているのは、ビールには糖質やたんぱく質のカロリーがあるため、それが体脂肪になりうるためです。 ◆焼酎ならいくらでもオッケー!?そうではない!! 「体脂肪にならないなら、焼酎ならいくらでも飲んでいいの!?」と思うかもしれませんが、それは大きな間違い。 多くのアルコール飲…… 続きを読む>>

掲載日:2012.09.03

カテゴリー:ダイエット食品・方法

同じ素材でもこんな食べ方や調理なら、老けない・痩せる方法

人間の老化に大きく関わるという物質AGEってご存知ですか?最近テレビなどでも取り上げられているので、耳にしたことのある方も多いかもしれません。 老化の原因物質として判明したAGEは、人間が普通に食事などをして、普通に生きているだけで、自然と体に溜まっていく物質。 この物質を減らしながら食事を摂ったり、作りにくくする食事法が、実は痩せるために有効な方法とも、同じ部分も多いのです。老けない上に痩せる食事法で、美と健康を一緒に手に入れられるかも? AGEって何? 人間の体は主にたんぱく質でできています。内臓をはじめ、肌などもコラーゲンなどのたんぱく質からできています。生きるためには、毎日食事をしますが、この際に栄養分が糖分として体に吸収されると、体内の色々なたんぱく質と結びつきます。 糖分はたんぱく質と結びつきやすい性質があり、結びついた後で、時間を経て最終的にAGEとなり、これが蓄積することで老化が進んでいくようです。 AGEは、日本語では終末糖化産物と名付けられています。また、AGEは人間が食べる食材の中にも含まれ、多く含む食材や、調理法によっても、…… 続きを読む>>

掲載日:2011.12.28

カテゴリー:ダイエット食品・方法

「肉食ダイエット」なるものをグルメドクターが考案

「リンゴダイエット」「ゆで卵ダイエット」「ココアダイエット」--ちまたに流行した、なんとかダイエットは数知れず。そこに「肉食ダイエット」なるものが登場したという。ダイエットといえば、食事量やカロリーを気にするのが世の常だが、肉を食べても大丈夫? 「肉食ダイエット」、その内容とは。 足を運んだのは東京・銀座の「グルメドクター イタリアン」。シックな色調のインテリアでまとまった店内は落ち着いた雰囲気が漂う。窓外には銀座の柳。「おしゃれなお店で、がっつりと肉食とは……」と感じつつ、出されたのは、白いお皿に盛られた網焼きの牛肉ステーキ。肉はたっぷり200グラム。赤身に焼きついた網目が食欲をそそる。添えられた生野菜はこんもりと盛り上がるほど。これが「肉食ダイエット」ランチのステーキだ。 「お好みでコーヒーか紅茶がつきます」と声をかけられ、はたと気付いた。そう、「定食」につきもののご飯やパンがないのだ。同じく「肉食ダイエット」ランチのハンバーグも同様とのこと。 シェフの山口伸雄さんにうかがうと、ご飯やパンといった炭水化物をとると、血糖値が急上昇し、…… 続きを読む>>

掲載日:2011.03.17

大豆ペプチド(筋肉増強、体脂肪燃焼に)

■大豆ペプチドの概要 大豆ペプチドとは、大豆たんぱく質が分解される過程で出来る成分のことです。 食品中のたんぱく質は体内の消化酵素でアミノ酸に分解され吸収されますが、すべてのたんぱく質がアミノ酸に分解され吸収されるわけではなく、一部のたんぱく質はアミノ酸がいくつか結合した状態で吸収されます。この結合された状態のアミノ酸を「ペプチド」と言います。 ■大豆ペプチドの特徴 大豆ペプチドがたんぱく質やアミノ酸と違う最大の特徴は、その吸収率の早さです。その早さはたんぱく質やアミノ酸の吸収率のなんと3倍で、約20分で腸管に吸収されます。これは、アミノ酸とペプチドは吸収ルートが別で、アミノ酸は競合阻害を生じながら1個づつ吸収されるのに対し、ペプチドは複数まとめて吸収されるためです。 ■大豆ペプチドの効果 大豆ペプチドはダイエットにもっとも効果があらわれます。 カロリーの消費は「基礎代謝」「運動等による消費」「食事誘導性熱代謝」に分けられますが、一般的に基礎代謝の高さが体重の増減を左右しています。基礎代謝とは、人の体温・呼吸・内臓の動きなど生命維持に必要なエネルギ…… 続きを読む>>

« 前  1  次 »


掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
コンテンツ等はあくまで編集員の感想です。個人差がありますのでご注意ください。
編集員により紹介されている製品の品質や安全性などにつきましては一切の責任を負いかねます。

©Copyright e-ditenavi.net All Rights Reserved.