イーダイエットナビ


話題のダイエット情報なら イーダイエットナビ

イーダイエットナビはがんばるあなたの美容と健康をサポートするダイエット情報サイトです

タグ「お酒」が付けられているもの

掲載日:2015.08.03

カテゴリー:ダイエット食品・方法

「お酒は太る」は間違い!?ダイエット中でも飲めるお酒はコレ!

ダイエット中といえど、仕事や友達の付き合いで飲み会を断るわけにはいきません。それにたまにはお酒を飲んで良い気分になりたいですよね。そんな悩めるあなたに嬉しいお知らせ。 飲んでも太らない、身近なお酒をご紹介します。 ◆「焼酎」は飲んでも太らない! 飲んでも太らない、ダイエット中に最適なお酒は「焼酎」。 そもそもアルコール飲料のカロリーは、糖質・たんぱく質・アルコールのカロリー合計のこと。アルコールは1g=7kcalありますが、アルコール自体は体脂肪になりません。体内に入ると優先的にエネルギーとして使われ、糖質やたんぱく質は後回しになります。 焼酎は1合約260kcalで糖質0g、たんぱく質0g。つまり、焼酎のカロリーは100%アルコールのカロリーなので体脂肪にはなりません。反対に、「ビールは太る」と言われているのは、ビールには糖質やたんぱく質のカロリーがあるため、それが体脂肪になりうるためです。 ◆焼酎ならいくらでもオッケー!?そうではない!! 「体脂肪にならないなら、焼酎ならいくらでも飲んでいいの!?」と思うかもしれませんが、それは大きな間違い。 多くのアルコール飲…… 続きを読む>>

掲載日:2015.03.09

カテゴリー:ピックアップ記事

ダイエット中でも安心して飲める「お酒」4選

いくらダイエット中でも、飲み会でみんなが盛り上がってるのに、自分だけソフトドリンクを注文するのは気まずいですよね。 そこで今回は、「ダイエット中でも安心して飲めるお酒」を7つご紹介します。 1.シャンパン 高級感たっぷりのシャンパンは、血行を促進するお酒。欧米では「モーニングシャンパン」という、目覚めに一杯のシャンパンを飲む習慣もあるほどです。むくんでいたり、血の巡りが悪いと感じたら、乾杯の一杯はシャンパンにしてみましょう。 2.赤ワイン 赤ワインには、白ワインの10倍以上の「ポリフェノール」が含まれています。「ポリフェノール」には悪玉コレステロールを減らす効果があり、太りにくい体を作ることができます。アルコール度数が強いので、飲み過ぎには注意しましょう。 3.シードル シードルとは、林檎を発酵させたお酒。ビールよりカロリーが低く、「ビタミン」、「ミネラル」、「アミノ酸」が豊富に含まれ、便秘解消効果が期待できます。 4.ジントニック ジンの原料である「ジュニパーベリー」には、体内のナトリウムを排出する働きがあり、むくみ解消が期待でき…… 続きを読む>>

掲載日:2012.03.02

カテゴリー:芸能人のダイエット

hitomi、産後の体形戻らない?ダイエットを開始!「お酒はやめて18時以降に食べない」

 歌手のhitomiがダイエットを開始したことをブログで報告している。とはいっても、食事しないという過激なものではなく、お酒を控えて、18時以降は食べないというシンプルなもの。  ジャケット写真やプロモーションビデオを観る限りでは、ダイエットの必要などまるでなさそうなhitomi。だが、脇腹や太ももあたりが出産前の状態に戻らないことを明かすと、3月1日付のブログ記事でダイエット開始を宣言。  お酒と夜食を避けるというダイエット法について、hitomiは「昼食べないのはフラフラになるし…酸欠状態で良くないので」とあくまで健康第一の方針を貫く。同時に体重計も購入するなど、ダイエットのための環境づくりを心がけている。  ダイエットをしたことがない人の方が珍しくなった一方で、その弊害もよく取り上げられる昨今。歌手であると同時に母親でもあるhitomiはそのことを踏まえ、無理のない範囲でのダイエットを提案している。まだ始まったばかりであり、今後はブログでもその成果を報告してくれるはず。 シネマトゥディ   …… 続きを読む>>

掲載日:2011.06.24

カテゴリー:ニュース

人気の「糖質オフ・ゼロ」のビール類、しかし味には不満 夫婦の希望は濃い味 -- トレンド総研調べ

今年も、ビールが美味しい季節がやってきた。暑い日の仕事帰りや自宅では、ついついお酒が進んでしまうところだが、一方でダイエットやメタボ予防を考えると「飲みすぎるのはちょっと」という方も多いはずだ。最近の消費者がビールやお酒を選ぶ際の傾向は「カロリー・オフ志向」で、ローカロリーや糖質オフ・ゼロといった特徴のビール・発泡酒などが売れ行きを伸ばしている。 生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研は、30~59歳の既婚男女500名に対して、「糖質オフ・ゼロビール類」に関する意識調査を行い、結果を公開した。なお、調査対象者の属性は、男性が「ビール類を自宅で週1回以上飲んでいる人」、女性が「夫がビール類を自宅で週1回以上飲んでいる人」に絞っている。 ● ビールの銘柄決定権は「妻」、健康面に配慮した銘柄選びを まず、既婚女性250名に対して、「ビール類を購入する時、銘柄は誰が決めることが多いですか?」と聞いた質問では、「妻」が54%と、「夫」の29%を大きく上回った。銘柄の決定権は「妻」にあるという夫婦が多数派のようだ。 そこで同じく女性に「夫が飲むビール類には…… 続きを読む>>

« 前  1  次 »


掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
コンテンツ等はあくまで編集員の感想です。個人差がありますのでご注意ください。
編集員により紹介されている製品の品質や安全性などにつきましては一切の責任を負いかねます。

©Copyright e-ditenavi.net All Rights Reserved.